エクステの歴史について

多くの女性は髪のおしゃれを楽しんでいるかと思います。エクステは髪のおしゃれに欠かせないアイテムのひとつです。

地毛の長さに関係なく、簡単にヘアスタイルを変える事ができるので、若い世代を中心に人気を集めています。エクステは世界的に発祥の古い文化ですが、日本に浸透してきたのは最近の事です。

エクステの始まり

エクステは、アフリカなどで「神への信仰の証」として付けられていて、宗教的な意味のあるものでした。これがエクステの発祥と言われています。

当時は動物の毛や人毛を使用して、アフリカの伝統的な方法でスタイルが作られていたようです。それが、アメリカやヨーロッパの黒人の間でも次第に流行しはじめ、ドレッドを真似たエクステなどの様々なスタイルが開発されるようになりました。

その後、ミュージシャンの間で使用されるようになってからは、ファイバー(人工毛)製のエクステが開発され、カラーの種類も増えていきます。

エクステが身近なものになるまで

日本で始めてエクステが登場したのは1990年頃です。当時はファイバー製のものが主流で、奇抜なスタイルが多かった事から、あまり広くは浸透しなかったようです。

2000年頃から人毛を主流として徐々に一般に普及していきますが、当初はエクステに関しての知識を持つ技術者が少なかった事や、中国国内でエクステの人気が高まり、エクステに使用される人毛が不足してしまった事が原因となって、日本のエクステは高価なものでした。

しかし、口コミの評判により全国に浸透していくと、エクステ専門店が増えはじめ、エクステを取り入れる美容室も多くなった事で価格も安くなりました。エクステの素材も安くなり、人毛よりも激安価格となる人工毛のエクステも発売されました。

誰でも気軽に楽しめるようになったエクステは、コテを使用して様々なヘアスタイルが実現できますし、ショートヘアからロングヘアにイメチェンをしたりと、幅広い髪型を楽しむ事ができるでしょう。

通販にて気軽に付け外しができるエクステをお探しでしたら、是非当サイトをご利用ください。当サイトでは、エクステ初心者の方にもおすすめの着脱が簡単にでき、フラットで地毛と馴染みやすいオリジナルエクステを販売しております。


↓